日蓮宗の仏壇の飾り方

日蓮宗について

日蓮宗は、鎌倉時代に日蓮聖人が開いた宗派です。数ある仏教の経典の中で法華経こそ、最も優れたお釈迦さまの教えとしています。法華経には仏教のエッセンスが詰まっており、「南無妙法蓮華経」のお題目を信じて唱えると、自分のなかにある仏の心を呼び現すことができると説いています。

日蓮宗の仏壇の飾り方

日蓮宗の宗派

真言宗には数多くの宗派に分かれています。江戸時代に幕府が宗教を統制するため、宗派ごとの有力な寺院を本山に定めて、すべての寺院が本山の末寺になるよう組織を作りました。現在でも寺格が設けられており、総本山や大本山と呼ばれています。

日蓮宗の宗派

【日蓮宗の総本山と七大本山】

総本山 身延山久遠寺、正式名は身延山妙法華院久遠寺(山梨)
大本山 池上本門寺、正式名は長栄山大国院本門寺(東京)
大本山 誕生寺、正式名は小湊誕生寺(千葉)
大本山 清澄寺、正式名は千光山清澄寺(千葉)
大本山 中山法華経寺(千葉)
大本山 妙顯寺、正式名は具足山龍華院妙顯寺(京都)
大本山 本圀寺(京都)
大本山 北山本門寺、正式名は法華本門寺根源富士山本門寺(静岡)

日蓮宗の飾り方

日蓮宗は曼荼羅をご本尊として、右側に鬼子母神、左側に大黒天をお祀りします。地域によって、鬼子母神と大黒天の位置が逆の場合もあります。日蓮聖人の御影像をお祀りするときは、曼荼羅の前に飾ります。

日蓮宗の飾り方