2018年秋のお彼岸はいつ?

購入事例・よくあるご相談
春と秋、気候の変わり目にご先祖様を供養するのが「お彼岸」です。2018年秋の彼岸入りは9月20日(木)、中日は23日(日)、明けは26日(水)になります。彼岸の期間は、昼の時間と夜の時間が等しくなる秋分の日を真ん中にして、前後の3日を入れた一週間です。

サンスクリット語で「彼岸」のことをパーラムと言い、「渡る」ことをイターと言います。「彼岸に渡る」ことは、続けて発音してパーラミターという音になります。煩悩から解き放たれて、仏の悟りの世界に行くことを意味しており、般若心経(はんにゃしんぎょう)の「波羅密多(はらみた)」は、このパーラミターが語源となっています。
彼岸に渡るためには、六波羅蜜という布施・持戒・忍辱(にんにく)・精進・禅定・知恵の徳をつむ修行が必要とされ、インドや中国で彼岸の7日間に修行が行われていました。仏教が日本に伝わると、日本古来の先祖を敬う風習と融合して、お彼岸に先祖供養をするように変化して一般に広まったとそうです。
お彼岸は家族でお墓参りをして、ご先祖様に感謝の気持ちを伝えます。墓前には、五穀豊穣を願う餅と魔除けの力があるという小豆が使われている、おはぎをお供えする習慣があります。「おはぎ」と「ぼたもち」に大きな違いはありません。秋は萩の花をイメージして「おはぎ」、春は牡丹の花から「ぼたもち」と呼ばれたそうです。今では季節に関わりなく定番の和菓子として作られるので、地域やお店でしっくりいく方の呼び名が定着しているようです。

全国のギャラリーメモリアでは、おはぎの形をしたローソクや進物用のお線香、お墓参りの便利グッズを取り扱っています。お彼岸の準備には、ぜひお近くの店舗へお立ち寄りください。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現代仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。