鏡餅の由来と飾り方

仏壇・仏具の飾り方
お正月の準備はいかがでしょうか。家の前に飾るのは、竹筒に松を差した門松ですね。年神様が松を依り代にして宿るとされているので、家へお迎えするための目印になるのです。このようにお正月の飾りには一つひとつ意味があるので、それらを知って玄関やリビングを演出してみませんか?
鏡餅は、年神様へのお供え物であり、宿る場所でもあります。「鏡」と呼ばれるのは、三種の神器にもある昔の鏡が青銅製で丸い形をしていたからです。鏡餅の飾り方は三方に半紙を敷いて、裏白(シダ植物で裏が白い)を乗せ、大小のお餅を二つ重ねて置きます。その上に串にささった干し柿やスルメ、ダイダイ、昆布などを飾ります。地域によって、お餅を紅白にするなど異なる伝統があるようです。最近は真空パックの鏡餅がセットで販売されているので、ずいぶん手軽になりました。小さな鏡餅なら、お仏壇のお供えにもピッタリです。
鏡餅は、12月28日から1月11日まで飾ります。28日は、「八」の文字が末広がりで、1月11日は「1」が揃っているゾロ目、どちらも縁起の良い数字だからだそうです。お供えから下げた鏡餅は「鏡開き」と言って、食べやすいサイズに切り分けて、お雑煮やお汁粉にして食べます。年神様にお供えした鏡餅にはパワーが宿っているので、美味しく頂きながら力を授かって一年の無病息災を願うと良いでしょう。
ギャラリーメモリアでは、鏡餅の形をしたキャンドルを取り扱っています。こちらは食べられませんが、本物そっくりで可愛い形なので帰省のお土産にいかがでしょうか。

詳細はお近くのギャラリーメモリアへお問い合わせください。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現代仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。