象徴的な鏡面塗装の仏壇

住まいにあうモダンな仏壇・仏具
現代仏壇はお部屋のイメージや色味に合わせて豊富なバリエーションからお選びいただけます。家具の色味にぴったり合わせて調和のとれた空間を作るのも素敵です。

でも、鏡面塗装や異素材のお仏壇で象徴的に見せるという逆転の発想もあります。エンブレムブラックはピアノと同じ鏡面塗装のお仏壇です。

50年ほど前は、ピアノが家にあるかどうかがステータスの一つでした。黒い鏡面塗装のピアノはどっしりとした重厚感があり、その空間をワンランク上の雰囲気にします。絨毯に応接セット、シャンデリア、そしてピアノ。

現在では、住まいのステータスをリビングの大型TVが担っているように思います。
数年前にお仏壇をご購入されたお客様が、「震災で扉が壊れてしまった」とのことで買い替えをされました。

はじめに購入されたお仏壇は家具の色に合わせてお選びになったので、次も同じかと思いきや、全く違う鏡面塗装のお仏壇にされました。リビングの大きな窓から光が差し込み、鏡面塗装が輝きます。

存在感のあるお仏壇にお客様も大満足。「一層、家の中心って感じになった」とお喜びになられました。
凹凸のない滑らかな鏡面塗装は、ツヤ消しに比べて高度な技術と時間が必要です。

高度な技術によって作られた美しい鏡面は周囲を映しこんで、広がりを感じさせます。

家具との調和も大切ですが、「あえて目立たせる」ということも一案だと勉強になりました。

ぜひ実物で艶やかな鏡面塗装をご覧ください。
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。