職人泣かせのストレートヒンジ

住まいにあうモダンな仏壇・仏具
黒檀や紫檀など熱帯地方の銘木を総称して唐木と呼びます。遣唐使が中国から日本に持ち帰ったことが呼び名の由来で、古くから貴重な木材として珍重されてきました。徳島県は、唐木仏壇の生産高が全国第一位の産地で、黒檀と紫檀の木目が美しい「エルドラード」と「コリドール」を製造している工場に訪れました。

重厚感のある唐木を用いていても、すっきりとモダンな現代仏壇。シンプルなデザインにはごまかしがなく、職人の経験と感覚に支えられていると改めて実感しました。
作業場は鼻をくすぐる木の香りに満ちていました。現代仏壇の製造工程は大きく分けると下記のようになります。

  1. 木取り(粗切り)・・・定尺の材料を正式な寸法から1㎝ほど大きくカットする

  2. 加工・・・面取り、穴あけ、溝彫りなど加工して、正寸にする

  3. 研磨・・・サンドペーパーで研磨して、木肌を整える

  4. 塗装・・・下塗り、中塗り、上塗りと塗り重ねていく(3と4をくり返す)

  5. 組み立て・・・各パーツの組み立てや扉の取り付けを行う

加工されたパーツは一つひとつ丁寧に磨かれて、塗装室へまわされます。黒檀や紫檀はヤニ(樹液に含まれる有機成分)が多いので、ヤニどめを塗って抑えないと浮き出てくるそうです。

黒檀の場合は、塗装→乾燥→研磨を5回もくり返して仕上がります。夏場は表面の乾燥が早すぎて、塗膜の中に気泡が入ることもあるとか。その日の気温と湿度によって、長年の経験から微調整を加えます。塗装は木目の美しさを引き立たせる、まるでお化粧みたいだなと思いました。
「グィィン、グィィン」と電動ドリルの音を響かせて、ストレートヒンジの取り付けが行われていました。八木研が開発したストレートヒンジは、一般的な丁番のような羽根がなく、棒状につなげた軸を45度で本体と扉にネジ留めして回転させます。

 
「最初は角度を間違えて突き出たり、電動ドリルを滑らせて傷を付けたり、散々な目にあいました」と苦い経験を教えてくれました。今では体に45度の角度が染みついているとか。ためらいもせずに次々とストレートヒンジのネジを留めていく姿には、頭が下がります。
ギャラリーメモリアに来られたら、現代仏壇の角を指でなぞってください。スゥーと滑らかな手触りに驚かれることでしょう。また、正確に取り付けられたストレートヒンジや、棚板と側板との内角をじっくりとご覧ください。その上質な仕上り感に、職人のものづくりに対する真摯な想いが伝わると思います。

現代仏壇はシンプルなので、自動車のハンドルのような「遊び」となる部分がなく、非常に作りにくいデザインです。「キッチリとつくる。本当に、ただそれだけ。」と静かに語る職人の言葉が、心の奥まで響きました。

ギャラリーメモリアのお店を探す

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現在仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。