知っておきたい!お釈迦様の誕生日

仏壇・仏具の飾り方
お彼岸が過ぎると日に日にあたたかくなって、桜のつぼみがプックリと膨らみ、あと一週間もすれば満開になりそうです。ところで、4月8日(土)の花祭りはご存知でしょうか?「桜のお花見イベント!」と答えた方もいらっしゃると思いますが、花祭りは灌仏会ともいって、お釈迦様の誕生日なのです。
お釈迦様は生まれた時、右手を天に指し左手を地を向けて「天上天下唯我独尊(てんじょうてんかゆいがどくそん)」と言ったそうです。唯我独尊とは、「世の中で自分が一番えらい」ということではなく、「この世の中にあるものは、みんなそれぞれ尊く、かけがえのない存在である」という意味です。

花祭りでは天地を指さすお釈迦様を、小さな花御堂にお祀りします。花御堂はお釈迦様が生まれたルンビニの花園を表しているため、春の季節にぴったりの花で飾られたおしゃれなお堂です。また、9つの龍が吐いた清らかな水を産湯にしたという故事から、お釈迦様に甘茶をかけてお参りします。
桜の名所になっている神社仏閣もたくさんあります。さくらの「さ」は稲の霊を、「くら」は神のいる場所という意味があり、稲の神が宿る神聖な木として古くから日本人にとって特別な存在でした。ご神体が桜の木という所もあり、大きな巨木になると圧倒的な美しさから神秘的な力が感じられます。
桜の美しい季節、モダンな仏壇にも春の装いはいかがでしょうか。淡いピンクの色味とぽってりした形のかわいい仏具は、桜の異名「夢見草」という名前です。夢のように美しくて儚い桜の花吹雪をイメージして、赤と白とピンクの模様が溶け合っています。

どうぞお近くの現代仏壇ギャラリーメモリアで実物をご覧ください。皆さまのお越しをお待ちしております。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現在仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。