母の日に着せ替えるおしゃれな仏壇

仏壇・仏具の飾り方
今年の春は雨が多く、天候に恵まれなかったためタケノコが不作だったそう。ご近所からいただいた貴重なタケノコを調理していると、ふと母の顔が浮かんできました。子供の頃はのどを刺す「えぐみ」が苦手だったけれど、母のタケノコご飯だけは食べることができて、この季節になるとご飯の炊けるおいしそうな香りを楽しみにしていました。
竹は成長が早くて丈夫なので、古くから桶や樽、竿など作られていました。かぐや姫で知られる竹取物語は、「いまは昔、竹取の翁といふもの有りけり」という一説から始まり、平安時代初期の作品だそうです。竹製品の需要は少なくなりましたが、近年、わずか3年で立派な成木となる竹がエコ素材として見直されています。現代仏壇「アッサム」は、竹の集積材を用いたナチュラルモダンな仏壇です。真っ直ぐと伸びた竹目がスッキリとした印象。おしゃれなリビングに自然と調和します。
内部の背板は、6種類の和紙が付属していて、自由に組み合わせることができます。例えば、母の日はピンクとレース模様にして、父の日はネイビーに着せ替えるなど、暮らしのシーンや季節に合わせて、お気に入りの空間を作り出せます。

5月14日は母の日。カーネーションを飾って、好物のお菓子やくだものをお供えしませんか。お近くのギャラリーメモリアでは、花の香りのお線香やお菓子のような香り袋、ローソクをご用意してお待ちしております。
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。