意外と似合う、仏壇とクリスマスの飾り

仏壇・仏具の飾り方
もうすぐクリスマス。クリスマスのイルミネーションが華やかに輝いて、見ているだけでもワクワクします。人はなぜ、光に惹かれるのでしょうか。ローソクの炎を見ていると、無性に懐かしい気持ちになります。DNAに刻まれた太古の記憶なのか、母体から生まれ出る瞬間の光なのか・・・。

ステンドグラスの仏壇「アンティコ」は、川の流れをモチーフに一片一片のガラスをつなぎ合せて描いています。安らぎに満ちた幻想的な光で包み込まれた祈りの空間。ステンドグラスと言えば、キリスト教の教会をイメージしますが、意外とモダンな仏壇にも似合います。同じように、クリスマスと仏壇は相容れないもののようですが、相手を大切に想う気持ちはどちらも同じではないでしょうか。家族団らんのイベントなら、ご先祖さまもきっと喜ばれると思います。
寒くて家で過ごすことの多い季節は、赤やオレンジの暖色系を使って、見た目にもあたたかく感じるコーディネートがおすすめです。仏壇にも赤いクリスマスの飾りを添えて、心あたたまる装いはいかがでしょうか。
鮮やかな赤の仏具「ロッソゴールド」は、クリスマスに似合います。金に輝くオーナメントを添えれば、ワンランク上のラグジュアリーな演出。聖夜にふさわしい華やぎと神聖なムードを漂わせます。
子供のころ、布団の中でドキドキしながら待っていたサンタさん。大人になったらあげる側だけど、子供の喜ぶ顔を思い浮かべながらのプレゼント選びは楽しいものです。お供えものにもリボンの花をあしらって、かわいいプレゼント飾りにしてみました。ちょっとした工夫で仏壇まわりが華やかになりますので、ぜひお試しください。

現代仏壇の専門店「ギャラリーメモリア」では、ご質問・ご相談を承っております。「どうやって仏具を飾るの?」「仏壇の買い替えはできるの?」など、何でもお気軽にお声がけください。
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。