仏壇とビーズ灰を掃除する仕方

住まいにあうモダンな仏壇・仏具
今年もあと数日となり、気忙しくなってきました。家の大掃除はもうお済でしょうか。仏壇の汚れやススを払ってさし上げて、すっきりとお正月をお迎えしませんか。

モダンな現代仏壇は金箔や彫刻もないので、お掃除が簡単です。毛ばたきで埃を払ってから、乾いた柔らかい布で汚れを拭き取ってください。

汚れが取れない場合は、中性洗剤を水で薄めて柔らかい布を浸します。その布をかたく絞って、汚れを拭き取ってください。その後、中性洗剤が残らないように、水拭きでぬぐって、最後は乾いた柔らかい布で水気を拭き取ります。
お掃除に便利な超極細繊維の「きれい」は、髪の毛の100分の一という細い糸で織られたクロスです。繊維が細いので接触点が多く、一本の糸が汚れを拭いた後も、別の糸が次々と汚れをかき取ります。汚れは無数にある繊維と繊維の間に吸い取られてしまいます。もちろん、洗って汚れを落としたら、繰り返し使うことができます。
ビーズ灰の汚れは「仏壇灰きれい」にお任せ。汚れたビーズ灰を上から入れると、真ん中の網に線香の燃え残りがたまり、ビーズ灰だけ下に落ちて分けてくれます。

ポイントはビーズ灰が飛び散らないように、あらかじめ布を敷いておくことです。ビーズ灰が固いテーブルなどに落ちると、ボールのように跳ねたりコロコロ転がったりするので、布を下に敷いておくと、後でまとめるのに便利です。

ビーズ灰を全部入れたら、容器を2つに分けます。上の容器にたまった線香の燃え残りを捨てて、下の容器にはそっと水を入れてください。
下の容器に入った水とビーズ灰を、一緒にメッシュの袋へ流し入れます。メッシュの袋の口を折りたたみ、ひもで縛ってから水洗いします。きれいになったら水をきって、メッシュの袋を乾いたタオルではさみ、水気を取り除いてください。

メッシュの袋を新聞紙の上で平らに広げるのがポイントです。日当たりの良いところに置いておくと、早く乾きます。
ビーズ灰を香炉に戻しいれる時は、香炉にティッシュを、下には布を敷くのがポイントです。ゆっくりとメッシュの袋から香炉に移します。ビーズ灰が香炉に入ったら、ティッシュを静かに抜き取ります。ビーズ灰がこぼれた場合は、速やかに掃除機で吸い取ってください。

ビーズ灰の洗浄は、ポイントを抑えれば難しくありません。あまり溜めずにこまめに洗っていただくほうが、掃除もしやすくてお勧めです。

その他のお掃除方法やご質問は、購入店舗または当サイトまで、どうぞお気軽にお問い合わせください。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現在仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。