今夜は中秋の名月 ~モダンな仏壇と仏具でコーディネート~

仏壇・仏具の飾り方
9月27日は旧暦の8月15日にあたり、今夜は中秋の名月。旧暦の秋は7、8、9月となり、初秋・仲秋・晩秋と言い表しました。8月は「仲秋」で、更に真ん中の8月15日に昇る月が「中秋の名月」になります。どちらも「ちゅうしゅう」と読むので混乱しますね。さて、お月様は見られるでしょうか。
モダンな現代仏壇「パッサート」を満月に見立てて飾りつけをしました。お供えにはススキと月見団子。

ススキは鋭い切り口に魔よけの力があるとされ、また稲穂の垂れる様子に似ているので豊作祈願の意味があるそうです。月見団子は満月のイメージですが、もともと芋の収穫を祝ってお供えをしていたので、芋の形に真似て団子を作ったという説もあります。

秋の深まりを感じつつ、自然の恵みに感謝をする行事なのですね。
十五夜は新月を一日目にカウントして十五番目にあたる夜ですが、その日が満月とは限らないそうです。その理由は新月から満月になるまでの平均が14.8日であることや、月の軌道が楕円を描いていることなど。

今年は27日ではなく28日が満月になり、しかも月と地球との距離が近いスーパームーンです。もし今夜、天気が悪くて中秋の名月が見られなくても、翌日にチャンスあり。

そんな美しい月をイメージした過去帳台の月夜は、真鍮を昔ながらの方法で一つひとつ色付けています。奥行き感のある黒色と渋いシルバーには深みのある味わいがあり、モダンな仏壇と仏具とのコーディネートにぴったり。抑えつつも存在感のある名脇役です。
ご興味のある方は、ぜひお近くの店舗にお立ち寄りください。

お店を探す

また、カタログを全国無料にてお届けいたします。お気軽にどうぞ。

カタログ請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。