モダンな仏壇の選び方②どのタイプ?

仏壇・仏具の飾り方
「モダンな仏壇の選び方①」で仏壇を設置する部屋を決めたら、次はどこに置くのか考えてみましょう。現代仏壇には4つのタイプがあり、それぞれの特徴からイメージに合う祈りのスタイルを選んでください。
①台付きタイプ・・・仏壇を置く台が付いているので、法事の道具などを収納スペースに片付けることができます。また、「正座がつらい」というお客様の声から開発された椅子付きや、便利な経机付きもあり、機能面に優れています。また、祈りの空間をスッキリとまとめられるので、一番人気のあるタイプです。設置スペースに限りのある場合でも、横幅のスリムなサイズや移動仏壇など、幅広いラインアップをご用意しています。
②上置きタイプ・・・コンパクトなサイズの仏壇です。お持ちの家具やTVボードなどに設置します。インテリアとのコーディネートや色味を合わせたい場合はおすすめです。最近では、ゆくゆく引き継ぐことを考えて、モダンで小さな仏壇に買い替えるお客様もいらっしゃいます。
③壁掛けタイプ・・・フォトフレームや絵画のように仏壇を壁に掛けるタイプです。省スペースなうえ、お部屋と一体化して馴染みます。設置の時に高さを自由にできるから、立ったまま気軽に手を合わせて、「行ってきます」や「ただいま」の声をかけるスタイルにするなど、シンプルで親しみのある祈りの空間を演出できます。
④オープンタイプ(ミニ仏壇)・・・「仏壇は実家にあるけれど、自宅にも手を合わせる場所が欲しい」「もっと身近に大切な人を偲びたい」という方もいらっしゃいます。故人の写真を飾るものや閉じ込めないオープンタイプは、暮らしのなかでさり気なくお祀りできます。そばに置いて、いつも語りかけてください。
さて、お気に入りのタイプはございましたか。これらは一例で祀り方に決まりはありません。台付きタイプでフォトフレームを中心にして祀ったり、オープンタイプで仏像と掛軸を揃えたり。お客様のイメージする祈りを作り出すアイテム、それが現代仏壇なのです。

「どうすれば良いか分からない」「仏壇の置き場所がない」とお困りの場合は、ギャラリーメモリアにご相談ください。専門知識を持つスタッフが、じっくりとお話を伺ってサポートいたします。
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。