モダンでかわいい霊供膳

住まいにあうモダンな仏壇・仏具
お盆の間は帰って来られたご先祖さまに、精進料理をお供えします。そのお膳を、霊供膳・霊具膳(れいくぜん、りょうぐぜん)や霊膳、仏膳、お供え膳などと呼びます。小さくてかわいいお供え膳は、モダンな現代仏壇に合うカラーリングで使いやすい高さの設計、まるで子供の頃に遊んだままごとセットのよう。お供えの前に気をつけていただきたい、3つのポイントをお教えいたします。

<point 1>料理の食材

お膳は精進料理をお供えします。お肉や魚など動物性のもの、ネギやニンニクなど刺激と香りの強いものは使いません。野菜と豆類、穀類を中心にした料理です。
<point 2>お供えのタイミング

お膳に、ご飯と味噌汁、漬物、煮物、和え物などを盛り付けて、ご家族が食事をする前にお供えします。おまいりをした後は下げて、食事と一緒にお下がりをいただいて構いません。少しゆっくりするなら、ご家族が食べ終わったタイミングで下げます。出しっ放しすると傷んだり、ご飯が固くなったりするので、忘れないでください。
<point 3>お供えの仕方

お供え膳は蓋をあけて、お箸の置いている面をご先祖さまのほうに向けて置きます。他のお供えも、果物なら皮をむいたり素麺を茹でたり、食べやすいようにちょっとした気遣いが大切です。

 

 
昔はお盆の間、3食ともお供えしていましたが、今はそこまでするご家庭も少ないと思います。遠方からのご親戚が集まるときの1回で構いません。わざわざお供え用の食事を買わなくても、お供え膳のお椀なら、大さじ1~2杯ぐらいでいっぱいになります。食事の中から肉や魚、ネギを避けて、お味噌汁やサラダなど少しずつ盛り付けてはいかがでしょうか。同じ食事をとることで、ご先祖さまへの感謝や故人とのつながりを感じる機会になり、一緒に楽しいひとときを過ごされることと思います。

他にもお盆の気になることやご質問があれば、ギャラリーメモリアへお気軽にお問い合わせください。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現在仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。