キラキラ輝くおしゃれな仏壇コーディネート

住まいにあうモダンな仏壇・仏具
紫陽花の色づきが楽しみな季節。うす曇りのお天気だからこそ、鮮やかに映る花々に日本ならではの四季の自然美を感じます。でも連日の雨で恋しくなるのが、キラキラ輝く晴天の太陽ではないでしょうか。きらめく太陽のように心を華やかにしてくれる仏壇「クリスタルステージN」をご紹介いたします。
箱型の囲いがないオープンタイプだから、「扉がないの?」と驚かれる方も多いのではないでしょうか。開放感にあふれ、自由な感性で演出していただけます。三枚のガラスが重なって透明感のあるデザインと、華やかな輝きが魅力的です。さらに特別なメモリアルステージになるように、キラキラ輝く光のコーディネートをいたしました。
ヴェネツィアンガラス製の仏具ロトンドは、さりげなく金色の輝きをまとって上品なコーディネート。ころんとした丸いフォルムが優しい印象を醸し出します。
フェルチェは、存在感のある大ぶりなヴェネツィアンガラス製の仏具です。華やかで優美なシルエットがラグジュアリー感を演出します。
ひときわ輝きを放つレイズは、クリアな光学ガラス製。カッティングから生まれる煌めきの美しさは、息をのむほどです。
美しい光に大切な方との思い出が彩られて、一層の輝きを増すのではないでしょうか。光には不思議な力があります。一瞬のきらめきに心が揺さぶられたり、静かにまたたく光で穏やかな気持ちになったり・・・。そんな光の魔法をキャンパスに封じ込めたのが、画家のクロード・モネです。光そのものを主役にし、世界を光と色彩の輝きだけでとらえるモネの絵画は、明るく臨場感に溢れています。

「私は自然を追い求めているが、その本質は未だに把握できていない。こうして画家になれたのも、草花たちのおかげかもしれないな。」

自然の中に身を置いて、刻々と変化する光に全身全霊を掛けているからこその言葉。有名な大連作「睡蓮」は、印象派の真骨頂と言える作品です。

“Color is my daylong obsession,joy,and torment.”(私は色に一日中とりつかれている。色は喜びであり、苦痛である。)

光の画家と称えられたモネの展覧会が、名古屋市美術館で開催されています。雨で曇りがちの心を、モネの光があたたかく照らしてくれるのではないでしょうか。

■「モネ それから100年」展

・会場/名古屋市美術館

・会期/2018年4月25日(水)~7月1日(日) ※月曜日は休館

名古屋市美術館から栄駅方面へ、徒歩20分ほどでギャラリーメモリア名古屋栄店がございます。どうぞお散歩の休憩がてらご来店ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

また、現代仏壇にご興味のある方はカタログをお届けいたしますので、お近くのギャラリーメモリアまたは請求フォームよりお問い合わせください。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現代仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
ギャラリーメモリアでは、仏壇・仏事はもちろん、インテリアの知識を持った専門スタッフが、お客様が納得のいくカタチになるまでお手伝いいたします。「何を準備すればいいの?」「古い仏壇はどうする?」どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。