お供え花の素敵な飾り方

購入事例・よくあるご相談
「お供えには、どんな花がいいの?」「どうすれば、キレイに見える?」と、ご質問をいただきました。お供えの花は、いわゆる“仏花”じゃなく、季節の花で結構です。故人がお好きだった花を、素敵に飾ってあげましょう。モダンな仏壇に似合うフラワーアレンジをご紹介いたします。

お仏壇が大きい場合は、内部の空間が広いので、背の高い花を中心に飾ってバランスをとります。ガーベラのように、華やかでスッキリと茎の延びた花がぴったり。高さをつけた花と対照的に、花瓶の口周りは低めにして三角形をつくりました。少ない花の数でも安定感のあるフラワーアレンジです。
上置きタイプのような小さい仏壇は、丸いフォルムがかわいいラウンドに。お供えの花が、まるでブーケのようですね。
ナデシコやミニバラ、ミニカーネーションなど小さな花を選んで、ころんと丸い形にまとめます。背の高さを抑えると、後ろの掛軸も見やすく、圧迫感がありません。着色されたカスミソウのドライフラワーを取り入れれば、華やかさもアップします。
「どの花にすればいいか、分からない」とお悩みなら、仏具と同じ色の花を選びましょう。

白とピンクの水玉模様が織りなす夢見草に、マーガレットを白とピンクで合わせました。花立だけでなく、他の仏具とも共鳴しあって、お花畑のような明るいイメージになります。

夏は、暑くて水の痛みやすい季節。昔から、花を長持ちさせるには、十円玉を入れると良いとされています。それは、十円玉から銅イオンが溶け出て、細菌の発生を防ぐからです。十円玉は新しくてピカピカのものを使います。繰り返し使っているうちに色がくすみますが、酢を付けた布で磨くと元に戻るので、試してみてください。

仏壇・仏具・仏事の疑問やご質問は、お問い合わせフォーム、またはお近くの現代仏壇ギャラリーメモリアにご連絡ください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現在仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。