お仏壇を置く向きや方角は…

仏壇・仏具の飾り方
WEB検索エンジンに「仏壇」を入力すると、予想検索ワードの上位に「仏壇 向き」と出てきます。仏壇を置く向きや方角について、気になる人が多いのでしょう。直営店でもよくある質問の一つです。でも仏壇を置く向きや方角について、特別な決まりがありません。

仏教において、仏様のいる清浄で清涼な世界を「浄土」といいます。その中でも阿弥陀如来のいらっしゃる「極楽浄土」が西の果てにあるとされているので、仏壇を家の西側に置いて、西に向かって手を合わせると良いという説があります。
また、奈良の東大寺では境内の北に金堂があり、大仏様は南を向いて座っていらっしゃいます。平安京の京都御所も都の北に位置して、南向きに建てられています。

電気のなかった時代、北に輝く北極星は不動の星とされて、不滅のシンボルでした。だから北は上座であり、一番偉い人の居る場所と考えられ、仏壇も同じように、家の北側に置いて南向きが良いとされていました。

この他にも色々な説があり、ついつい悩んでしまいますよね。
昔は、仏壇のある「仏間」から設計して家を建てたそうなので、それぞれの説に通りにきちんと方角に合わせられたかも知れませんが、今の住宅では、窓があったり台所だったりして、仏壇を置くスペースがあるとは限りません。

現代では、仏壇を置く向きや方角より、生活動線に合わせてキッチンや家族の集まるリビングなどにモダンなデザインの仏壇を置いて、日常のなかで手を合わせることの方が重要だと思います。
現代仏壇では、インテリアに合わせて約200種類以上の豊富なバリエーションを取り揃えています。

例えば、白と黒のシンプルモダンなリビングなら、イタリア製の仏壇トレヴィホワイトがお勧め。無駄のないスタイリッシュなデザインを楕円形のフォルムが優しく包み込んでいます。光沢のあるホワイトは清廉なイメージで、特別感のある空間を演出します。
明るいナチュラルモダンがお好みなら、フェンネルライトはいかがでしょうか。付属の和紙を入れ替えて、インテリアとのカラーコーディネートを合わせられます。また、お持ちの布やテキスタイルを入れて北欧テイストにするなど、アイディア次第で自由にアレンジを広げられます。
現代仏壇の専門店ギャラリーメモリアでは、仏事のことはもちろん、インテリアの知識を持ったコーディネーターがお伺いいたします。仏壇の買い替えのご相談やちょっと気になる質問など、何でもお気軽にご相談ください。

全国のギャラリーメモリアを探す

事例を掲載したカタログを無料でお届けします
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。