仏壇の買い替えで気を付けたいこと

購入事例・よくあるご相談
お仏壇を買い替えるとき、最初にお考えいただきたいのが、中のご本尊やお位牌、仏具などをそのまま引き継ぐのか新しくするのかということです。

例えば、ご実家の古いお仏壇に大きな仏像や掛け軸がお祀りされていたり、お位牌をたくさんお持ちだったりします。それらを新しい仏壇に入れるとなると、内部に広いスペースが必要ですが、お客様が購入されたお仏壇に入らなくて納品時に困ったことがあります。おそらくご本尊のサイズをきちんと測っていなかったのだと思います。

お客様に事情をご説明して、ご了解のもと仏壇の須弥壇を一段外して納めさせていただきました。ご本尊やお位牌などをそのままお祀りされる場合は、幅と奥行きと高さの一番大きなところを測るようにお願いいたします。
また、インテリアに合わせてモダンなお仏壇を選んだけれど、中の仏具のイメージが合わなくて、後から買い足しに来店されることもあります。お仏壇と仏具のコーディネートは洋服のアウターとインナーのような関係です。

お仏壇は開けて使うものなので、中にある仏具の色味や素材感が重要なファクターとなるからです。現代仏壇に金色の従来仏具は、重々しくて合わないと感じて当然だと思います。従来仏具と同じ真鍮製でもモダンな現代仏具があります。バースは、重厚感を醸し出しながらシンプルなデザインが人気。「あまりモダンすぎても…」と思われる方にお勧めしたい商品です。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現在仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、
お手取ってご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

郵送でのお届け

フォームからご請求
このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。