仏壇にお供えするお花って?

購入事例・よくあるご相談
ご来店されるお客様より「お仏壇にお供えするお花」について
お問い合わせ頂くことがあります。
「生花じゃなきゃだめなんでしょ?」
「菊は好きじゃないのに」
「夏場はすぐに傷んでしまって匂うのよね」と
お困りの声をよく耳にします。
横浜店では造花のお花をお仏壇にお供えしています。
日本古来の祖霊崇拝では、山の花を持ち帰ることで故人の霊を家に招くとされています。

色々な教えやお考えがありますが、
生花の枯れていく様子を「諸行無常」の仏教的な意味合いと
とらえる場合もあるようです。
また、仏教が庶民に広がった江戸時代には、
造花なんてありませんでしたから、生花以外には考えられなかったのでしょう。
しかし、実際は生花をお供えする方が減っている一方で、
造花のお花をお供えする方が増えているそうです。
地球温暖化も手伝って、一年を通して暖かい日が増え、
生花が傷むスピードも速まっています。
また、お仏壇もコンパクトなものが多くなり、
一般的に仏花といわれる菊の切り花では大きすぎる場合もあると思います。
それにより、少しづつ生花離れが進んでいったのかもしれません。
お手入れがしやすく、ずっと綺麗に咲いていてくれる、
ちょうどいい大きさのお花、という事で造花をお供えする方が
増えてきているのだと思います。
ただ、生花にも生花らしい良さがあります。
季節の移り変わりや香りを楽しむ事ができます。
そこで、日常生活は造花をお供えし、
祥月命日やお盆、ご法要の時など大切な節目の時に生花をお供えする。
そんな併用の仕方も良いのではないでしょうか。

お花がある生活は心を豊かにしてくれます。
生花、造花問わず、好きなお花をお仏壇にお供えしてみませんか?
このコラムについては
銀座店に異動してきたばかりの新参者です。お世話される方が気持ちよく向かい合える、そんなお仏壇選びのお手伝いをさせて頂ければ幸いです。