サクラの位牌

住まいにあうモダンな仏壇・仏具
祖母が亡くなって早2年になります。
その日は4月半ば、まだ少し肌寒い桜の季節でした。
家族で挙げたお葬式では、部屋の暖かさからか、飾った桜の蕾が一夜で満開になりました。
家族皆で囲ってお酒を飲み交わし、楽しかった思い出を語り合います。

 
上京している私は、帰省するといつもお仏壇の前に挨拶に行きます。
帰省をするのは祖母のお葬式以来で久しぶりのこと。

仏壇の前に座った私は、その中にひときわ存在感のある新しい位牌を見つけました。
位牌は人生の縮図とも言いますが、これはまさに祖母のイメージにピッタリで、不思議と祖母がそこにいるかのような雰囲気を醸し出しています。
以前に比べると、お仏壇の前にいく時間が増えました。

その位牌と対峙していると、よく知る穏やかな祖母の笑顔が浮かびます。
私にとって、生前と変わらない心安らぐゆったりとした祖母との時間です。
このコラムについては
八木研の広報企画室に勤務しています。商品の魅力をお伝えすると共に、仏事の事など、日本独特の文化を皆様と共に掘り下げていきたいと思います。現代仏壇に少しでも興味を持っていただけると嬉しいです。